ブログ

バッグの色あせが気になったときには

レザー製品は使うほどに深みが増し、色合いやツヤが高まっていく特徴がございます。もっとも、使い方や保管の仕方、メンテナンスの度合いなどによっては色があせたり、剥げたり、ツヤがなくなってしまうこともあり、日焼けや雨の日の水濡れなどによって痛みや経年劣化が進む場合もございます。当社ではメンテナンス不足による汚れや、日々の使用による汚れのクリーニングをはじめ、色が剥げたり、日焼け跡や水濡れによるシミなどがついた箇所の部分染めによるカバーや、全体的に劣化が進んでしまったバッグの染め直しとコーティングにより、新品時に近い色合いとツヤを回復させることができます。
使用前に防水スプレーをかけてシミを防止されたり、使うたびにクリーニングをされる方もいらっしゃれば、バッグを使い始めてから一度もメンテナンスをされない方もいらっしゃいます。汚れや痛みの度合いに応じた最適なメンテナンスやリペアのご提案をさせていただきますので、ぜひご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る