ブログ

バックが壊れてしまったらどうしたらよいのか

バックの持ち手が外れてしまったり、革生地が破れてしまったら、どうしたらよいのでしょうか?手先が器用な方であれば、ご自分で縫い合わせることもできるかもしれませんが、革製品はとてもデリケートですから、慎重に作業する必要があります。下手に修理をしてしまうと、後から治すのが大変になってしまうこともありますので、難しいと感じたら無理することなく、当社のリペアスタッフたちお任せください。当社のリペアスタッフは、革製品のエキスパートですので、財布修理や鞄修理やバッグ修理など、幅広く対応可能でございます。ブランド品の修理も承っておりますので、CHANEL、HERMES、Louis Vuittonなどのバックやお財布を修理したいという方は、当社までご相談くださいませ。ぜひ、当社で修理を受けて、壊れてしまったバックをよみがえらせてみませんか?バック修理のほかにも、革の染め直しなどもご依頼も承っておりますので、ご検討ください。

関連記事

ページ上部へ戻る